にがくてあまい

兄が監督を務めた映画「にがくてあまい」の完成披露試写会に両親と行ってきた。

nigakuteamai.com

映画の前に母親が長年行きたかったという新宿の洋食屋に行った。あまりおいしくなくて母が帰りに毒づいていたのが面白かった。悲しいけどそうゆう夢の叶い方ってあるよねと思った。

会場にはたくさんのお客さんが列を作って待っていてすごかった。指定席じゃなかったのかな。芸能人の影響力を感じた。

開場してお客さんがみんな入ってから関係者ということを伝えて中に入った。「翔吾が嫌がりますから…」という母の声を無視して、スタッフの方が半ば無理矢理僕たちを楽屋に案内してくれた。案の定、なにしてんのみたいな感じで兄は両親を返していたけど、僕だけ呼ばれた。楽屋を覗くとそこにはRIP SLYMEのSUさんがいた。他の出演者の方もいたけど、残念ながら俺にはSUさんしかわからなかった。でもみんなあたたかく迎えてくれて「似てるね」と言われた。今自分がこんなにも音楽とともに生きているのはRIP SLYMEがいたからです。という気持ちを押し殺し、図々しいのも兄の迷惑になるかもしれないとうことで「兄がお世話になっています」とだけ言って退散した。

芸能界の人たちと同じ楽屋で過ごしている兄貴すごいな。遠い存在だな、なんて考えていたら舞台挨拶が始まった。ほう、舞台挨拶ってこんな感じなんだね、と思った。SUさんが誰よりも飄々としていて良かった。

その後はにがくてあまい本編が上映されたのでそれを観た。笑いあり涙ありでまた笑いがある、あたたかくておもしろい映画だった。原作のことはよく知らないけれど、登場人物がみんな生き生きとしていて観ていて楽しかった。

兄の商業映画デビュー作ということで、このブログを読んでくれている方もお時間があればぜひ観に行って頂きたいなと思います。9月10日から上映です。全国のイオンシネマでご覧になれます。公開初日から3日間の観客動員数で上映期間が決まるそうなので、その3日間に観て頂けるとなお光栄です。

 

たくさんの人に支えられてステージに立つ兄と、うだつが上がらない自分の対比に頭をくらくらさせながら家に帰ってきた。

昔、兄に映画を撮ることの何が魅力なのかと聞いたことがあった。兄は「一人ではできないところ。たくさんの人と一緒に作り上げること」だと答えた。

一人で音楽を聴くことが何よりも楽しいと思ってしまう自分の暗さ、弱さを痛切に感じながら、僕は今もまた一人で音楽を聴いているのであった。

 

www.youtube.com

A Strange Arrangement / Mayer Hawthorne

何度聴いても、何度も何度も聴いても、一番好きなアルバムだ。

長いこと折に触れて聴いているけれど、いつも僕をあたたかく包んでくれる。

悲しいだけじゃない、楽しいだけじゃない、優しいだけじゃない曲たち。

 

youtu.be

 

A Strange Arrangementは叶わなかった二人の約束の歌。

Just Ain't Gonna Work Outは前向きな別れを切り出す歌。

Maybe So,Maybe Noは片想いかな?両想いかな?キラキラした恋の歌。

Your Easy Lovin' Ain't Pleasin' Nothin'は明るく無邪気な君に翻弄される僕の歌。

I Wish It Would Rainはすべてを雨に紛れさせてしまいたい悲しい歌。

Make Her Mineはあの子が僕のものになればいいな、幸せにするのにって歌。

One Track Mindは我が儘でお金のかかる彼女だけど夢中で仕方ない歌。

The Illsはこの世界に病気のように現れる逆境に負けてはいけないという歌。

Shiny & Newは甘い甘い二人の世界だけの歌。

Let Me Knowは彼女の浮気に気づいている彼氏の落ち着いた歌。

Green Eyed Loveは麻薬のような君に夢中、もしくは麻薬と恋に落ちている男の奇妙な歌。

 

いろんな歌詞、いろんな曲調があたたかさで一つになっている。

親近感のある楽器たちの音色もまたいいね。

この秋冬もまたよく聴くのだろうな。

f:id:JohnSleep:20160901015129j:plain

http://www.amazon.co.jp/dp/B002HRTMHQ

Wave / John Sleep

今更ではありますが自分のコンピWaveの曲をご紹介します。

聴いてくれていた人たちももう聴き飽きているでしょうね。新しいコンピもそろそろ作ろうかと思っています。

先日二子玉川TSUTAYAに行ったら「俺が選曲したのかな?」というぐらい同じような曲たちが流れていました。そういう仕事来ないかな。DJもやりたいな。誰かイベントあったら誘ってください。

続きを読む

Candy Man / Mary Jane Girls

尊ぴっぴがLAでRick Jamesのピンバッジというマニアックにもほどがあるものを作っている人たちを発見して、そこからそのRick JamesがプロデュースしたMary Jane Girlsのことを思い出し、そこからさらにこのCandy Manを思い出した。

Candy Manは人生で最初に好きになったディスコソングだった。

今は無き淵野辺ディスクユニオンで12インチシングルを見つけて試聴したときの衝撃は今も覚えている。跳ねまわって楽しく耳に残るシンセといろんな効果音が相まって曲が始まった瞬間から「なにこれ楽しい!さいこー!」と思ったよね。

本当はできることなら常にこのぐらいのテンションで生きていたい。起きてるときはずっと音楽を聴いて踊っていたい。音楽の中の世界が好きすぎる。

明日はなぜか芝パークホテルのセレブなイベントに招待されたので行くかもしれない。摩訶不思議トーキョー。

www.youtube.com

やっぱり今聴いても大好き。何回も繰り返し聴いちゃう。たまらん。

あとメインボーカルの人の髪型がほぼDon Blackmanなんだよね(伝わらない)

Intergalactic Love Song / The Diddys

ここ数日心酔している一曲。

宇宙に愛はあるのだろうか。愛は紛れもなくひとつの宇宙だ。

芝生で寝転び、青空だけの世界で聴いていた。

 

www.youtube.com

オブスキュラ@三軒茶屋

今日久しぶりにオブスキュラのコーヒーが飲みたくて仕方なくなったので閉店間際に滑り込みましたのでここでご紹介。

続きを読む

「wind」残りの曲たち

ここまで1曲1曲書いていましたが、このペースだと夏が終わってしまうのではと思い始めたのでもう箇条書きで処理することにしました。これを読んでくれている数少ない優しい人たちごめんなさい。俺はだいたい何事も長く続かない。

トラックリストはこちらをご覧ください。ムグさんいつもありがとうございます。

https://gist.github.com/mgng/027f73e45dd7c8052906

続きを読む